けと記

アクセスカウンタ

zoom RSS <新生FF14へ向けて>結局マザボとCPUも交換した件

<<   作成日時 : 2013/06/17 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新生FF14のベータテスト3開始にあたり、先日グラボ交換とSSD追加、OS変更を行いました。そちらの記事で書きましたように、CPUやメモリ交換を見送ったため、せっかくグラボを換えたのに、ボトルネックがあって性能発揮できない結果となりました。

実際ベータテストで遊んでみると、最高品質設定ではグリダニアの森林の中あたりではときどきカクつく感じ。標準品質に落とせばそれほど気にならないレベルでしたが、せっかく大枚はたいてグラボ新調したわりに、この結果はさみしい・・・ということで、やっぱりCPU周辺も交換にも踏み切りました。

先日、Ivy Bridgeに変わって新しいHaswellという新しいCPUが発売されました。それの性能はどうなんだろう?と、ベンチマークをやっている記事等を見ると、Ivy Bridgeに比べてそれほど変わらない感じです。体感的な差はほとんどなさそう。もちろん今後、よりクロック周波数の高いモデルや、マザーボードメーカーによるBIOSでのチューニングが行われて性能が上がる可能性がありますが、それ以上に、Ivy Bridgeのマザーボードが各ショップですでに在庫処分扱いになっており、性能よりも価格的メリットが魅力的なIvy BridgeのCPUにすることにしました。

元のマザボはLGA775ソケットのものですので、もちろんIvy BridgeのCPUは付きません。マザボも交換する必要があります。そしてマザボを換えることによって、元のDDR2メモリも使えなくなり、DDR3メモリも購入。

画像

▲さっそく購入してきました。CPUはCore-i7 3770(Kなし)です

画像

▲マザボはASRock製。実はASRock買うのは初めてでした

画像

▲メモリはSanMax 4GB×2枚

CPUクーラーですが、以前福袋に入っていたやつ(こちらの記事に書いたやつ)が眠っていたので、それを使うことにしました。でっかいです。

画像

▲マザボにCPU、クーラー、メモリを装着かんりょう

さて、今回の目的はゲームを行うことで、最も重要なのは安定性です。したがいオーバークロックなどは行うつもりはないのでKなしのCPUにしました。が、マザボはオーバークロックに適したZ77チップセットです。少々ムダかなーと思ったのですが、基板上のゴールドのコンデンサを見て、いかにも品質よさそ〜!って思ってこれにしてしまいました。

で、フタを開けてみると、ASRockのマザボはKなしCPUでのオーバークロックできる設定があったのでしたね。

画像

▲UEFI設定画面。No-K OCを有効にするとKなしでもOCできるみたい

しばらくはオーバークロックなしで使うつもりですが、そのうちヒマがあったら遊べるかなー?

さて、今回のFF14ベンチももちろんオーバークロックなしでの測定です。それぞれのスペックは以下になります。(変更部分赤字

交換前:
交換前Microsoft Windows XP Home Edition (5.1, ビルド 2600) Service Pack 3 (2600.xpsp_sp3_gdr.130307-0422)
Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8500 @ 3.16GHz
3326.418MB
WinFast PX9800 GTX+(NVIDIA)(VRAM 512.0 MB) 6.14.0011.7824

   

グラボのみ交換、OS変更:
交換@Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_rtm.101119-1850)
Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8500 @ 3.16GHz
4094.492MB
NVIDIA GeForce GTX 770(VRAM 3785 MB) 9.18.0013.2008

   

マザボ、CPU、メモリ交換:
交換AWindows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130318-1533)
Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
8075.066MB
NVIDIA GeForce GTX 770(VRAM 3785 MB) 9.18.0013.2008

  
で、例によってベンチマーク結果をグラフにしたものが以下です。

画像


グラボのみ交換したときのボトルネックが見事に解消されて、グラボの性能差が見えてきた感じです。これでゲームのほうも画質をあまり落とさずにプレイできそうかな。

今回、グラボだけちょこっと変えてみようと思ったのが、なんだかんだで結局ケース以外全とっかえとなりました。これならショップブランドなんかの新品PC買ったほうがよかったかな?という気もしましたが、類似スペックのBTOモデルの価格に比べると微妙に安く上がったみたいで、まあよかったかなというところです。

それにしても今回の件で、部分的に高性能化するというのはやっぱりダメだなー、やるなら全部やらないともったいないなと実感した次第です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


★当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

★掲載FF11/FF14画像についての著作権表記:
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

★本ブログ記事に無関係なコメント、トラックバックは無断で削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
<新生FF14へ向けて>結局マザボとCPUも交換した件 けと記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる