けと記

アクセスカウンタ

zoom RSS テンキーをFF14用コントローラに使う

<<   作成日時 : 2014/02/16 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FF14では戦闘職のレベルが上がっていくにつれて操作できるアクションが増えていきます。低レベルのうちはゲームパッドのボタンで十分だったのが、高レベルになるとだんだん割り当てできなくなり、割り当てできなかったアクションは切り替えて使う、マクロで別アクションと組み合わせて使う、パッドで使うのはあきらめて別のホットバーに割り当てて、マウスやキーバインドで使う、などになるかと思います。

そうなると実際の操作に支障をきたす場面があるせいかと思いますが、側面にボタンがたくさん付いているMMO用マウスや、左手キーボードと呼ばれるデバイスを使われている人も多いようです。

画像


これらの導入も考えてみたのですが、店頭などで触ってみた感じとしては、あくまで個人的な印象ですが、側面にボタンがたくさんあるマウスのボタン、押しにくいです。押せることは押せますが、持ち方のせいでしょうか、側面ボタンを押す親指に力を入れると同時に、人差し指や中指にも力が入ってしまい、左クリックや右クリックも押してしまうのです。実際それがゲーム内でどのように弊害になるかはわかりませんが、よけいなクリックはいいことないに違いありません。

また、左手キーボードは高価です。加えて左手はゲームパッドを持っていたいので、左手よりも右手でポチポチできるデバイスのほうがよいです。

いずれにしてもパッドだけではアクションボタンが割り当てできなくなってきたので、マクロの割り当てができるマウスを導入しました。先の側面にボタンがたくさんあるものではなく、ロジクールのG300を購入。つまんで持つのに良い形状。ボタンも横ではなく上から押せるので、同時にほかのボタンを押すとかクリックしてしまうという事故も起こりにくいはず。

画像


このマウスを導入しただけでもだいぶ操作性がよくなりました。とくに回復ジョブではマウスでプレイヤーを選択してマクロボタンでケアルやフィジク発動とか、パッドよりもはるかに楽チンでした。

しかしながら、このマウスでクリック、ホイール、面切り替えのほかに自由に割り当てできるのは4つ。面切り替えで合計12個使えるが、バトル中に切り替えしてると混乱してしまうので実質的には4つ以内の割り当てにしておくのが無難なのですが、やはり4つ増えただけではまだまだ足りません。

そんな折(、といってももうだいぶ前ですが)「HidKeySequence」というキーボードやマウスのコンフィグツールを見つけました。その記事がこれです。

窓の杜『USBキーボードやテンキーを仮想プログラマブルキーボードに「HidKeySequence」』(http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20131114_623275.html)

安い外部テンキーを買ってきて、これを使えばポチポチできるボタンを15個ほど増やせそう。しかも左手はパッドから手を離さずに右手でポチポチできそうです。ウェブで調べてみるとお絵かきソフトの補助入力デバイスとして使っている人が多そうですが、果たしてFF14でも使えるのかどうか?

結果から言えば、無事使えました。「00」のようなボタンは認識されませんでしたが、それ以外は今のところ問題なく使えています。これを使うようになったのは最近ですが、利便性がとっても向上しました。もっと早く使えっておけばよかった。

ということで、以下はわたしの環境での設定です。自分が後日忘れてしまったときのための備忘録で記載しておきますが、ご参考にどうぞ。

-----------------------------------------------------------

テンキーは安いものでは数百円、高くても2000円はしないと思います。大きさ、押しやすさ、キーの種類、USBハブの有無などから好みのものを適当に購入。

画像


これをPCのUSBポートに挿入し、認識させます。なお、挿すポートを変えるとHidKeySequenceの設定も変えないといけないらしいので、一度使うポートを決めたら基本的にはもう変更はしないほうがよいかと思います。

○HidKeySequenceの設定

HidKeySequenceはインストール後起動するとタスクトレイに常駐するので、右クリックでシーケンス設定を選びます。なお、毎回起動するのを忘れそうの場合はスタートアップにショートカットを作っておくと良いかと思います。

画像


初めてシーケンス設定画面を開くと下のような画面が出てきます。デバイス追加を選びます。

画像


デバイスの一覧がすらっと出てきますがどれが使いたいテンキーかわかりません。が、画面に書いてあるように、実際に使いたいテンキーで何かキーを押すと登録ができます。

画像


これはテンキー上で「0」キーを押してみた状態。これで「0」キーが登録されました。登録したいキーをすべて押してOKをクロックします。なお、「00」キーは登録できません(無反応)でした。

画像


先ほどのシーケンス設定画面に戻ります。登録したいボタン名(テンキー0 など)を選択して右側のウィンドウで押下時のアクションと開放時にアクションを登録します。何も登録されていないときは追加を押して登録します。

画像


アクション設定画面で設定します。押下時のアクションは好きなものにしてよいですが、他のキーバインドと重複する可能性を低くするためにはAltやShift同時押しにしておくほうが無難かもしれません。あと、Tab、BackSpace、Enterなどのキーを割り当てることもできるようですが、うまく動作しない場合があるみたいなので避けたほうがいいかもしれません。

画像


テンキー0を押すと「Alt + Shift + 0」を押し、離すと全キー開放というアクションが登録されました。「Alt + Shift + 0」のような同時押しは追加登録を3回(1回目にAlt、2回目にShift、3回目に0)行うことでできます。

画像


他のキーについてもアクションを登録します。右クリックでコピーやペーストの画面も出るので、コピペしてから編集すると楽チンです。ここで登録した各キーのアクション割り当ては後ほど使うのでメモなどして忘れないようにします。

画像


すべてのキーのアクション登録が終わったらOKをクリックします。これでHidKeySequenceの設定は完了です。

画像


○FF14側の設定

FF14側ではホットバーのキーバインド設定にHidKeySequenceで設定したアクションを登録することになります。が、それを行うには画面レイアウトを決めて、どこに何を登録するか決めておいたほうがいいかと思います。

わたしの場合は、ホットバーの1〜5を使用して、下のSSで右下のピンクのワクで囲んだ部分を今回追加したテンキーでポチッと選べるようにしました。したがい、システムメニューのキーバインド設定でホットバーを選び、ホットバー1〜5のそれぞれについてスロット1〜4に登録しました。

画像


あとはアクションリストやマクロリストを開いて、使いたいアクションを押したいキーのところに割り付ければ完了です。

同じホットバー1〜5を使ってマウスのマクロキーも割り当てました。アクションの割り当てについてはまだまだ試行錯誤を繰り返していますが、現状は以下な感じです(黒魔道士のセッティング)。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


★当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

★掲載FF11/FF14画像についての著作権表記:
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

★本ブログ記事に無関係なコメント、トラックバックは無断で削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
テンキーをFF14用コントローラに使う けと記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる