VAIO Cベンチマーク測ってみた

先日購入したVAIOで、ベンチマークをいくつか走らせてみました。

ノートPC選定にあたっては、「最低限FF11がまともに動くもの」、ということで、チップセットにグラフィックコントローラが内蔵されているタイプではなく、外付けGPUであることが条件でした。

当初は、GeForce GTX 285MとかのハイエンドGPUを積んでいるような、3Dゲームに特化したモデルも検討しましたが、大きい、重い、バッテリーも1時間しかもたない・・・等、ノートPCに求めるものはなんか違うよね、ということで、持ち運びもそれなりにできそうなものから選びました。もっとも、自分は他にゲーム用のデスクトップPCを持っているのでそういう考えになったわけで、持ってなければハイエンドのものを選択していたかもしれません。

そんなわけで、購入したVAIOに搭載されているのは、GeForce GT 330Mというやつです。購入直後にFFベンチを走らせてみて、スコア7000以上出しているので、まあ満足といったところです。

ただ、よくよく調べてみると、グラフィックドライバはNVIDIAがリリースしているものはサポートされておらず、SONYから提供されたものを使えとのこと。まあ、仕方ないのですが、ちょっとガッカリでした。

・・・と思っていたら、先日、PC watch4Gamer.netのサイトに載ったニュースによると、近々公開されるらしいRelease 256から、
・デスクトップPCとノートPC向けドライバが同時リリース
・SONYなどのメーカー製ノートPCにも使用可能
・Blu-ray 3Dなどの、3Dアプリケーションサポート

となる(かもしれない?)らしいです。う~ん、これはかなりうれしいかもw

性能面でどのくらい向上するかはわかりませんが、PCメーカー(SONY)が提供するものよりは期待できそう。

というわけで、現状の性能をちょっと測定してみることにしました。(前置きが長いですね^^;)
現在使っているドライバは、
  Graphics Driver(NVIDIA) Ver.8.16.11.8867 (2010/03/10)というものです。バージョンはSONYが付けているのではないかと思いますが、NVIDIAの現時点の最新ドライバである
197.16と、近いのか遠いのかも良くわかりませんw

●3DMark06

スコア 6100
画像


●FF11 Vana'diel Bench 3

高解像度(High) 7228
画像


低解像度(Low) 9193
画像


●モンスターハンターフロンティアオンラインベンチマーク

スコア 3393  (1280 x 720)
画像


●ラストレムナントベンチマーク

Average FPS 37.72 (1280 x 720)
画像


とりあえず、主だったところをやってみましたが、他にあったかな?
ドライバが正式にリリースされたら、また測定して、今回の結果と比較しようと思います。

それにしても、冒頭で書いたようにハイエンドゲームマシンを選んだわけではないのですが、ラストレムナントあたりでも設定次第ではそれなりに動きそうです。快適かどうかはわかりませんが・・・w

FF14は、ラストレムナントベンチマーク結果がある程度の指標になるとのウワサがありますが、設定軽くすれば動くかも、、、とちょっと期待ですww

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック