6/21 デュナミスバルクルムと過去氷河でタルタルトレイン

月曜日は裏突入の日です。明日のバージョンアップを前に、メインジョブをカンストしておこうと経験値稼ぎに勤しむ人たちを横目に、経験値はマイナスにしかならないデュナミスへ突入ですw

今回は裏バルクルム。LS自体もですが、わたしも初めて突入する場所です。初めてということもあり、無理せずお試しで行きましょうということになりました。一応希望として、詩の劣化装備と白のアクセサリとしておきましたが、まあきっと出ないですよね。

まずはサポジョブ開放。クフィムやブブリムと違い、ここは赤いトンボを3匹倒せばよいようです。2匹までは順調に倒しましたが、3匹目でマンティコアが一緒に来ました。でも寝ますしそれほど強くないので、難なくトンボを倒してサポジョブ開放です。

画像

▲赤トンボ

その後、弱体NMですが、コンシュ方面のグゥーブーを倒しに行きました。グゥーブーを釣ったところで、またマンティがやってきます。まずは、グゥーブーを~ということで集中攻撃をしますが、そこへマンティのリドルが・・・orz 1000くらいあったMPがたったの30くらいになってしまい、まともに戦えませんw ヒーリングして、スタンが精一杯という感じです。厳しいですねえw

グゥーブーとマンティを倒したあと、HP/MPの回復をしていると、そこにノコノコとサボテンが・・・。ちょっとやってみようか、とサボテンに手を出してみたのですが、いきなり針万本が来て前衛さん壊滅状態に。その後も、針弐千本とか、針四千本とか、なかなか厳しい範囲攻撃をしてきます。う~ん、サボテンには手を出してはいけないっぽいですね。

そんなことしていたら、残り時間は@5分となりましたので、もうボス攻略はあきらめて、最後にボスの面を拝みに行きました。

画像

▲ボスはモルボル・・・【ヤーン】

こうして、初めての裏バルクルムは、このSSの後にボスに絡んだところで終わりました。ドロップは赤AF2と、シ背装備の2つでした。

裏では結局経験値が減ることはありませんでしたが、黒の経験値が42000ほどでしたので、残り2000を稼ぎにカンパニエバトルに行きました。フレリストを見ると、いつものタルタルメンバーが、やはりいつもの過去氷河にいるみたいですので、さっそく移動です。

過去氷河に行き、PTに入れてもらうと、話題は明日のバージョンアップでのレベルキャップ開放についてでした。まずは、いわゆる限界クエがあるかどうか・・・とか。これを書いている時点では、もうレベル80へ開放させる方法をわかっていますが、このときには、誰かと戦って勝利が条件だときついねえとか、取り合いになるアイテムだといやだねえ、といった話題をしてました。

途中、わたしが所属しているLSのタルタルさんもPTに加わっておしゃべりをしますが、一向にカンパニエバトルが始まる気配がありません。ついには、ストーカーモードで広場を走り回って遊ぶ始末・・・w

画像

▲タルタルトレイン~^^

いい加減敵が来ないので、もう寝るーと何人か落ち、代わりに1人加わって、最後は3人が残りました。このうちの1人、タルタルさんの方は、いわゆる絵師さんで、先ほどのタルタルトレインなんかも即興で絵を描いてツイッターへアップされるほどの腕の持ち主です。どんなふうに描いてるのー?とか、いろいろ聞いていろいろ教えてもらいました。
絵やイラストが上手な人って、うらやましいです。ツイッターとか見てると、なんかみなさん当たり前のように上手な絵を描いてるんですよね。わたしも、上手く描けたらな~と思いますが、気持ちだけでは当然上手くなるはずもなく・・・・。練習しようかなw

その方の絵をいろいろ見せてもらっている(というか、絵の置き場を教えてもらっている)うちに、

絵を拡大表示したいなら登録せい

とメッセージが出てきました。あの有名サイト、pixivのページでした。で、まあ、いいっかーということで登録。当然ながら、ロム専になると思いますけどw

さて、そんな絵の話とか、ツイッターで話題になったゲーム機の話題、バージョンアップの話題、コルセアのファントムロールの目の出る確率の話題など、敵が全然来ないのでまったりといろいろおしゃべりしてました。そのなかで、暗のみで行ったPTは面白かったとか、「一風ありそうもないPTでレベル上げ行くのって楽しいよねえ」という話題になり、

レベルキャップ開放されたら、変わったPT組んでレベル上げ行こう!

ということになりました。うーん、どういうジョブ構成がいいかなあ・・・楽しみですw

画像

▲語り合う3人ww キキルン帽子がお気に入りですw

そんな話をしていたら、あっという間にメンテの時間がやってきました。経験値は結局カンストに行くことなく落ちることになりましたが、長々とおしゃべり、楽しかったです。

Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック