メイジャン射撃お手伝い、ヒツジに眠らされて忍者39→40

更新が遅れ気味ですが、今回は木曜~金曜のお話です。まず木曜日、いつものように裏突入の日でした。都合で30分ほど遅刻してのインです。

場所はデュナミスバストゥーク。合流してみると、今回の参加者は12人ほどでした。いつもはフルアラ+αくらいいることを考えると、かなり少ないです。最近は、参加者集まらなくて中止、というパターンも少しあったりで、このまま自然消滅とかならなければいいなー、とちょっと心配だったりします。

人数少ないためまったりモードで進みます。延長は1回取ったようですが、30分遅刻のわたしは1時間弱程度の参加でした。ドロップも、モンクAFのみと渋めでしたが、平和に終了。

さて、裏が早めに終わってしまいましたので、何かほかのことを・・・と思っていたら、フレさんが前日のアビセア探検でのクリオネリベンジのために、魔法命中+の銃を作るとのこと。そう、またまたメイジャンの試練(こんどは射撃編)です。

最初の試練は、何かの天気でヒツジ50匹討伐とのこと。ヒツジといえばコンシュあたりにたくさんいそうですが、レベル10台前半でのレベルシンクになることを考えると、わたしにちょうどいいジョブがありません。いろいろ調べてみると、ベドーのヒツジがレベル40くらいで楽にできそうです。

レベル40前後ですと、赤40と忍39がありましたが、赤は@600ほどで41に上がってしまいそうです。そこで忍者で行くことにしました。天候条件ですが、ベドーは水と雷になるようです。水は、降り始めるとそれなりに長い時間降ってくれている模様。雷は短めでした。

コ忍(わたし)のレベル39のPTです。天気マークがつくとヒツジ乱獲モードに入るのですが、フレのコルセアさんはニンジャロールをまわしてくれます。ジョブボーナスも入って、すごい回避。4つの分身で空蝉・弐のリキャストまでもってくれるくらい回避してくれました。そういえば、アイコンで分身の残り数がわかるようになってから忍者やったのは初めてだったかもしれません。回避が多い戦いで、いちいち残りの数を数えなくて良いので、非常に楽、かつ、忍具の節約にもなりました。

そんなわけで、特に危険なことにもならずに、着々と数をこなしていったのですが、逆にひとつ問題が・・・。ヒツジの特殊技に、シープソング(範囲睡眠)があるのですが、2人とも寝かせられると、敵の攻撃がめったに当たらない+たまに当たっても分身1つ消費されるだけ、で、なかなか起こしてもらえません。

画像

▲攻撃当てて起こしてよー、ヘタクソ!

これが、あとわずかで倒せるというタイミングで何度来たことでしょう。ヒツジの中の人もかなり本気だったようです・・・。

ニンジャロールのほか、コルセアズロールもかけてくださっていたので、楽ヒツジばかり倒していました(ときどき絡んできた亀も倒しました)が、忍者のレベルが40になりました。陽忍などが使えるようになったので、使ってみましたが、あまり実感できず。楽ヒツジあたりでは関係ないのかな。

PTもシンク40になったのですが、むしろコルセアさんのクイックドローが解禁になったのが大きいです。殲滅速度も上がって、1泊2日ベドーの旅で試練の第一段階無事終了したようです。おめでとー^^

次は牛50匹の模様です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック