地震の影響

もう1週間前になりますが、3月11日に東北地方で大きな地震がありました。

東北地方太平洋沖地震と名付けられたその大地震は、国内観測史上最大のマグニチュード9.0の規模の揺れ、そして大津波をもたらし、大勢の方が被害に遭われました。その被害者数も、自然災害では戦後最悪とのことで、本当に心が痛みます。

地震が起きたときのことは、1週間ちょっと経った今でもまだ鮮明に覚えています。現地の方に比べれば全然たいしたことないのだと思いますが、それでもあれほどの揺れは生涯初めての経験でした。

地震発生時、わたしは東京都内の職場にいました。東京23区内の震度は5強だったとのこと。ビルはギシギシいいながら揺れて、カベにはピシピシとヒビが入ったりしてきたので、もしかしたらダメかも?と思いましたが、何とか耐えてくれました。その後もわりと大きめな余震もあり、当然その日はもう仕事になりません。17時頃に帰れる人は全員帰るようにとお達しがありましたが、電車はすべて止まっています。グーグルマップで検索すると、職場から自宅まで24kmほど、徒歩で5時間ちょっとと出ています。歩けない距離じゃないな、ということで歩いて帰りました。実際には7時間ほどかかりましたが、なんとか無事帰還

その後の甚大な被害、原子力発電所の事故、毎日のように起きる余震などは連日ニュースで流れていますが、現地の復旧に向けて、直接的な救助活動だけでなく、節電や募金など、みんなが協力している姿には感動を覚えますよね。現地で避難生活を余儀なくされている方々には本当にがんばってほしいですし、一日も早く復旧することを祈っています。

わたしが住んでいる地域でも、計画停電や、それに伴う交通機関の運休や店舗の休業などで影響が出ていますが、ここしばらくは仕方ないです。ただ、被災地でもないのに買占め行動する人がいたり、停電の影響で混乱している時に関係スタッフの方に文句を浴びせるような人がいるのは本当に残念なことですよね。現地の人たちの気持ちを考えれば、そのような行動が如何に恥ずかしいかわかりそうなものなのに・・・。

それにしても今でも毎日起こる大きめな余震は本当に怖いですよね。余震も早く治まってほしいものです。

さて、このブログはゲーム関係をメインで書いています。特にFF11のことを中心に書いているのですが、そのFF11も震災の影響を受けて3月13日の夜からサービス停止しています。当初は1週間予定とのことでしたが、少し延長になる模様。わりとちまちま延長していますが、この状況下、特に計画停電をしている間は運営しない方がいいんじゃないかな?と思います。サーバーの電力だけでなく、ゲームやるためにPCやゲーム機動かす人の電力も消費しちゃいますし・・・。また、FF14も同様にサービス停止しているようです。

FF11がなくなったらどうなっちゃうんだろ?楽しみがなくなっちゃうよ・・・とわりと本気で考えていた時期もありましたが、実際なくなってみると別にそれほどオオゴトでもなかったな、というのが正直なところです。というか、こんなわたしでも今回の地震で少しショックを受けたのか、地震発生からサービス停止までの2日間ほども、全くインする気になれませんでした。

今週になって徐々にゲームが楽しめるようになってきましたが、オンラインはまだ少しきつい感じです。PSPで3月上旬に発売された、ディシディア012ファイナルファンタジーで、シャントット博士やプリッシュと気楽に遊んでいる感じ。

これからネタに詰まったらそっちの記事も書こうかと思います・・・あ、そっちのほうがネタないかも?

画像

▲プリッシュを出すのも少し苦労しました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック