からくり士31→43、AFクエスト開始

先日よりレベル上げ始めたからくり士、レベル31になって帽子の恩恵は得られなくなってしまいました。が、いまはレベルシンクがあります。レベル30以下の人のPT組めば、また帽子の恩恵にあずかれる、というわけです。

その前に、LSメンがアビセアに行くときに、箱開け要員としてからくり士31で連れていってもらいました。滞在時間を120分以上にしておく、というもので、乱獲PTほど経験値もらえるものではありませんでしたが、それでもレベル31→34に上がりました。

そしてまた低レベルのレベ上げPTです。お相手はレベル15の白魔導士さん。か白の2人+マトンのPTです。場所はブブリム、OP付近から始めて、レベルが20超えたあたりから海岸方面に移動します。以前、からくりの10代、20代のときと同じパターンでした。が、2人PTということで、安全ではありますが、もらえる経験値はソロでやったときよりは少なめでした。

画像

▲核熱~っ!WS連携やったりするPTはやっぱり楽しいw

このパターンで2、3日やって、シンクのほうも30に。からくり士はレベル43まで上がりました。さらに帽子の恩恵受けるなら、また他のPTで15あたりからやればいいのですが、スキルが上がらないのが考えものですので、そろそろレベルに見合った狩り場探してレベル上げしていったほうがよさそうです。

さて、レベル40を超えるとAFクエが受けられます。最終的にはAF3(エンピリアン装束)着ることなので、レベル50~60で装備できるようになる、いわゆるAF1はどちらでもいいのですが、AFクエのストーリーっておもしろいもの多いですので、やっぱり受けるしかありません。

画像

▲話の発端・・・エル姉さまのローアングルショットですよ~っ!!

ストーリーの中身は、ネタばれになるので書きませんが、依頼を受けた後、ナシュモに行って、その後カダーバの浮沼で戦闘がある様子。ああ、そういえばからくり士もアトルガンジョブでしたねー。カダーバとかいまだに苦手です。

でも、戦闘自体は犬1匹で楽勝。

画像

▲ベロがキモい・・・(>_<)

戦闘後、え?なにこれ?って感じのイベントがあり、どうやら依頼は果たせた・・・のかな?
アトルガン白門に戻って、依頼主に報告。ターボストリンガーをもらいました。名前からすると、かなり速そうですよねー。ターボですよ、ターボ!・・と、とりあえず妄想・・・。

画像

▲報告して報酬ゲットです

次のクエへ、どう続くのか、ちょっと楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック