からくり士でファイナルヘヴン

先日覚えたからくり士の連環六合圏、撃ちたくて撃ちたくて仕方ないのに、NM討伐などに参加すると「白で来て」とか「黒で来て」と言われることも多く(気持ちはわかるヨ、うん)、どのジョブもそれなりに楽しいのでいいのですが、少し悶々とした日々・・・。

そんなある日、アビセアアットワのワモーラNMイツパパロツル(Itzpapalotl)を討伐したとき、ヘフォンナックルという格闘武器をポロリ・・・。なんか気の抜けたような名前だなーと思って見てみたら、

D+30 隔+86 潜在能力:ファイナルヘヴン Lv85~ モか

という性能。え?ファイナルへヴン?それって、レリック武器で撃てるWSじゃなかったっけ?レリック武器はもちろんモンクさん専用ですので、そもそもからくりには無関係・・・ですがこの武器はからくりも装備できるようです。

アビセアに関してはそもそも後発組なんですが、NMとかドロップ品等の知識は未だに乏しい状態。このような武器があるとはつゆ知らず、潜在能力がどういうことで解放されるのかもわからないまま、とにもかくにもロットし、めでたくゲットとなりました。

後になってこの武器のことをググってみると、WSを12回撃つごとにファイナルヘヴンが1回撃てるようになる模様。潜在消しのように一度解放されたらずっと使えるわけではないようです。ただ、WS12回撃てばいいので敷居はかなり低いです。連環六合圏撃ちつつときどきファイナルヘヴン撃てる感じ。ということで、撃ちに出かけました。

行ったのはボストーニュ監獄。GoVが実装されてからここにはたいてい高レベルのGoVパーティ/アライアンスの方がいます。現地でリーダーとおぼしき人にテルをして入れてもらいました。Page4でタコヤキ9匹がお題のやつです。セカンドキャラも連れて行って、経験値のおこぼれももらうことにしました。GoVやFoV、今は訓練達成しても自動的に繰り返し受けられるのでずっと狩り続けられて楽ですね。

さっそく狩り始め、TPがたまるごとに連環六合圏撃っていきます。最初数えてましたが、だんだん面倒になって、ときどきWSのメニューを見てファイナルヘヴンが追加されてないか確認していましたが、ある時、

ファイナルヘヴンが使用可能になった。

とのメッセージが出たのでわかりました。おお、さっそく試し撃ち!

画像

▲静止画になっちゃうとよくわかんない・・

空鳴拳と似たような撃ち方ですが、エフェクトはやや派手かなー。でも・・・

連環六合圏のほうが、モーションもエフェクトもダメージも上

な感じです。もっとも、モンクさんが本当にレリック武器で撃つといろいろと違うのかもしれませんが・・・。

ということで、結果はややガッカリだったのですが、一生使うことはあるまいと思っていたWSが撃てたのは良かった&嬉しかったです^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック