Win8タブレットを購入

なんだか最近PCネタが多いです。先日VAIOのSSDとかメモリとか整備したばかりですが、Windows8が発売されてから各社から発売されたタブレット型PCにも非常に興味があり、先日購入しました。

Win8タブのなかでも、ワコム製デジタイザが搭載されてて、筆圧検知可能なペンがつかえるものだと、お絵かきにも使えてよさそうです。それに該当するものが、ASUS、Lenovo、DELLから発売されていて、それぞれ細かい違いはあるものの、CPUとか画面解像度とかはみんな同じです。が、ASUSやLenovoは世界的に売れ行きがよいようで、日本市場ではなかなか品薄の様子。逆にDELLは、それまで法人向け専用に売っていたものを個人向けにも販売開始し、ツイッターでも入手されている方が多い感じであまり品薄感がありません。なおかつ今ならキャンペーン価格で他社よりも2万円ほど安く買える模様・・・。

製品名はLatitude10。上位機種と下位機種の2機種ありますが、筆圧検知可能なペンが使えるのは上位機種のほうだけなので、必然的にそっちを選びます。

実際の注文には、OSをWindows8Proにアップグレードしたり、専用ケースを付けたりしたので他社との差額は1万そこそこになってしまいましたが、オンラインで注文してから1週間ほどで届きました。DELLのPCを購入するのは初めてでしたが、生産中とか、日本に輸送中とかのステータスが見えるのは安心に思いました。

画像

▲本体と専用ケース

光沢液晶の画面を触るので、指紋等がぺたぺた付くのを避けるため、保護フィルムを貼りたいところ。でもこの機種専用のはなさそうです。汎用の10.1インチのものでいいかなと思ったら、某アマゾンでは「縦が短い」との評価が多いみたいです。「この保護フィルムは16:9用なので、16:10用のにしないと足りません」と書いている人が多いんですが、いま発売されている機種ってほとんどアスペクト比16:9のものばっかりだよね?もちろんLatitude10も16:9なので問題ないはず。なんだか腑に落ちないものを感じましたが、ホントに短かったら困るなあと思って購入したのがコレ。

画像

▲ASUSのEee Pad Transformer TF101用保護フィルム

貼ってみたらこんな感じでした。

画像

▲Latitude10に保護フィルム貼り付け

うっすらと保護シートが確認できると思いますが、画面部分はちゃんとカバーできてます。本体の外側からしてみれば、縦はギリギリ、横は足りない、という感じ。上部のフロントカメラと、下部のホームボタンのところは、塞いじゃうので切りました。カタログとか見ても、本体のサイズはあっても画面のサイズがないとか、保護フィルムもある機種専用だとサイズ書いてなかったりと不親切なので、測ったものを載せておきます。

画像

▲サイズはこんな感じ。緑色が保護フィルムです

その後セットアップして、バックアップ(バックアップソフトはプリインストールされているはずなのに入っていなかったので、DELLのHPからダウンロードしました)、BIOSの最新化などを行って、ようやく使えるようになりました。専用ケースは下の写真のように本体を立てることもできますし、ペンホルダーも付いているのでなかなか良いです。

画像

▲キーボードはニンテンドーDSのポケモンタイピング付属のもの

それほどパワーのあるPCではないので、これでゲームとかはやらない予定ですが、ベンチマークとかは今度取ってみようと思います。

Latitude10関係の情報は、いまのところ

  Latitude 10 まとめ @ ウィキ

のサイトがいちばん詳しい感じです。ファーストステップガイドとか、とっても参考になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック