新生FF14ベンチ(ワールド編)まとめとフレームレート計測

最近PCのグレードアップをして、そのたびにFF14ベンチのことを書いていて、またかという感じでしつこくてすみません。いちおう、今回で最後の予定です。

今回は、うちにあるPCのベンチマークスコアまとめと、おそらくFF14サービス始まったら使うであろう2台について、フレームレートの計測を行ってみました。

まずはPCのスペックから。以前の使いまわしですが。
(ブラウザによっては表がうまく表示できない模様です・・すみません)

PC1改Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130318-1533)
Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
8075.066MB
NVIDIA GeForce GTX 770(VRAM 3785 MB) 9.18.0013.2008

  
  

PC2Windows 8 Pro 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (9200.win8_gdr.130410-1505)
Intel(R) Core(TM) i5-2500K CPU @ 3.30GHz
4078.656MB
AMD Radeon HD 6900 Series(VRAM 3822 MB) 8.17.0010.1172

  
  

PC3  Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130104-1431)
Intel(R) Core(TM) i3-2125 CPU @ 3.30GHz
8172.867MB
NVIDIA GeForce GT 440 (VRAM 4051 MB) 9.18.0013.1407

  
  

PC4(ノート)Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130104-1431)
Intel(R) Core(TM) i5 CPU M 430 @ 2.27GHz
8174.090MB
NVIDIA GeForce GT 330M (VRAM 4056 MB) 8.16.0011.8867

  

スコアをグラフにしたものが以下です。先日グレードアップしたPC1改が見事トップの座に君臨です。

画像


なお、うちにはもう1台、DELLのWindows8タブレット Latitude10がありました。このPC、以前ゲーム性能を測ったときにはかなりのダメダメ結果でしたが、果たしてFF14ベンチはどうなるか? ・・・そもそも起動するのかな?と思ってやってみたところ、見事に起動。ところが、

画像


このローディング画面で待つことおよそ3分・・・さすがにあきらめました。まったくやる気がないようですw
時間的に、本当にローディングを継続しているとも思えないので、やはり動けない何かがあるのかもしれません。

さて、スコアは上のグラフのようになりましたが、このスコアは平均フレームレートと関連性を持った数値のようです。でも実際は、ベンチマーク実行中、スコアの上昇は早くなったり遅くなったり・・・シーンによって違うようです。それを考えると、いくら平均的なスコアが良くても、シーンによってフレームレートが落ち込んでいたりすることも考えられます。

ということで、Frapsを使ってフレームレートの変化を計測してみました。ここでは、とりあえず戦力となりそうなPC1改とPC2のみ測定しました。

PC1改

画像


PC2

画像


まず、ところどころ0(ゼロ)に落ち込んでいるところがありますが、ベンチマークの途中で何度かあるローディング画面のところでなぜか0(ゼロ)になる現象がありました。実質的には関係ないところだと思いますので、そこは無視しようかと思います。

スコアはPC1改のほうが大きいのですが、これを見るとフレームレートが低い場所ではないところでPC1改のほうが大きな値となっており、言ってしまえば簡単なところでフレームレートを稼いで平均を上げているような感じです。

ただ、このベンチマークで厳しいシーンは、70~80秒のあたりと、190秒近辺かと思われますが、スコアが高いPC1改のほうが1920×1080では若干優れているようです。が、PC1改のほうは最高品質のまま解像度を1920×1080から1280×720に下げてもフレームレートがほとんど変わりませんが、PC2では解像度を下げるとフレームレートの改善が見られ、PC1改と同レベルになるようです。

つまり、カクつきそうなシーンでより快適さを得るために、解像度を落とすか品質を落とすかということに関しては、PC1改は解像度を落としても効果は薄く、品質を落とすべき。PC2はまずは解像度を落としてみて、それでもダメなら品質を落とす。ということになるかと思います。

でも、実際はそこまでシビアにやるようなことでもないですよねえ・・・笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック