呪術上げ

土曜日に東京ゲームショウに行ってきました。いつも混み混みですが、今年はまた一段と混んでたように思います。FF14関係も出ていたようですが、タイタン戦はすでに整理券配布が終了してて、ブースの周りも近づけない感じの混みようでしたので、3DSのゲームをいくつか試遊させていただいただけとなりました。

ステージの様子も最近はインターネットで配信されているので、もう無理して行かなくてもいいかなーと思ったりしています。が、来年もきっと行くんでしょうね(笑)

さてさて、、、

FF14のメインキャラは斧術士→戦士でレベル上げしていますが、ダンジョンなどで他のクラスの動きを見ていると、他のクラスもちょっとやってみたくなったりします。このキャラは、旧FF14時代に呪術もレベル11まで上げていました。中途半端なので、15まで上げてみようと思いました。

やってみると・・・ファイアとかどっかんどっかん撃ってると、MPすぐになくなってしまいます。それでいてMP回復遅い・・・。FF11みたいにヒーリングして回復させるわけではないし、何この使い勝手の悪さ!。。。というのが呪術をやってみての第一印象でした。旧FF14の頃も11まで上げていたわけですから、似たような記憶があるかと思いきや、全然記憶ありません。こんなんでしたっけ?これだとソロでMP終わったら簡単に死ねそうです。

と、FF11の感覚でやってたらそうなのですが、調べてみたらどうやらFF14の魔法は属性によって意味があるようです。サンダー系はスリップダメージとか、ファイア系はダメージ大とか。そして、ブリザド系はMP回復?正確には、ブリザド系魔法で付加される、アンブラルブリザードというやつがMP回復効果がある模様。使ってみると、なるほど、MPがぐーんと回復します。

つまりサンダー系でスリップを入れつつ、ファイア系で削ってMPなくなってきたらブリザド系でMP回復、そしてファイア系とブリザド系の付加効果を切り替えるのに「トランス」というアビリティが使える、ってことみたいです。知らなかったー!w

やってみると、なかなかテクニカルでおもしろいです。FATEや討伐手帳でレベル15になったあと、サスタシャたタムタラなどのダンジョンにも行ってみました。ダンジョンのなかでは寝かし役やったりもして、かなり楽しい!

そして、あっという間にレベル30になりました。レベル30のクラスクエストも無事にクリアし、こうなったら黒魔道士のジョブも取るしかありません。

黒魔道士取得のためには弓術のレベル15が必要でしたので、ちゃちゃっと弓術ギルドに入門してレベル上げ。そして、黒魔道士ジョブ取得クエを受けました。

クエストで出てくる黒魔道士の衣装がカッコいいです!

画像


黒魔のAF、顔見えなくなるのがいまいちと思っていましたが、こうして見ると悪くないですね。左のララフェルのように下半分だけ隠れているのもいい感じですが、いずれにしても色使いとかこちらのほうがいいですよね。

実際に自分がAF着て比較してみるしかないかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック