白銀の凶鳥を屠りし者

先の記事に書きましたように、イシュガルドが始まってからも侵攻零式の攻略を少し続けていましたが、パッチ3.01でアレキサンダーという新コンテンツが始まることもあり、もうみんなの都合をあわせて行くことも難しいだろうといったんは終わりとしていました。

しかし3.01のノーマルアレキサンダーは攻略というほどのこともなく、野良でも普通に行けちゃうということで、ハードが来る3.05までの間、侵攻零式を延長してやることになりました。

そして昨日、無事に極ネールさんを倒すことができました。3.01前まででP4の龍神フェーズには行けるようになっていたので、3.01以降は龍神フェーズの練習がメインでしたが、残り1%で全滅とか、けっこう悔しい思いをしてのクリアでうれしいです。

ノーマル侵攻4層のネールさんを倒したときもかなりうれしかったですが、今回もそれに負けずうれしいです。

突入設定はリダが毎回設定してくれていたんだと思いますが、レベルは50制限、装備のILも制限かかっていたと思います(詳しくはよく見ていません)。
画像


P1は特にノーマルと大きく変わったところはありません。といっても召喚士のわたしから見た話であり、タンクさんやヒーラーさんから見ればいろいろ変わっているところがあるのかもしれませんが。

P2の前半もノーマルと変わらず。しかし、後半は大きく変わります。頭上に落ちてくる隕石が8個と、ノーマルの6個より多くなり、ノーマルで行っていたスプリントしてのマラソンが使えません。したがい、各自放射状に担当位置を決めておいて、頭上隕石が来たら外側に置いてくるという方法で対処しました。頭上隕石はランダムで、人によっては2個とか3個くる場合があるので、単純に外側に置くだけではなく、アドリブで離しておく必要があります。

そして、8個のあとはいつものゴーレム隕石が3個来ます。合計11個の隕石を、近すぎて爆発させないように置く必要があります。

当初は、まずこのP2後半でかなり苦労しました。

▼ゴーレム隕石・・・どこにおこうかな?
画像


ゴーレムに食わせる隕石は8個ありますので、1匹あたり2個か3個食わせる必要がありますが4個食わせると巨大化して倒せなくなりますし、もちろん残すと全滅ですので、連携プレーが必要なところです。ゴーレムを倒しきるとメガフレアが来てP3に移行です。

P3の天地フェーズが今回の攻略で最も苦労したところだと思います。

ネールさんのHPを38%くらいまで削らないと次フェーズに移行しないので、天地は3回、削りが少ないと4回来ちゃうこともしばしばでした。もちろん死人が出ちゃうと削りが少なくなってしまう、もしくは崩れて全滅となってしまうので、極力死なないようにギミックを乗り切ることが重要なのですが、、、ギミックがつらかったです。

▼天地1回目は回転式
画像


▼天地2回目は短冊状に交互
画像


▼天地3回目は扇形
画像


ノーマル侵攻4層では、今回1回目の回転式が3回目で、そこまで行ったらほぼ全滅ということもあり、慣れていないパターンでなかなかつらかったです。しかもノーマルになかった隕石が追加されており、床の爆発だけでなく隕石からも避けないと死んでしまうという感じでした。2回目と3回目はノヴァも追加されています。

そんな感じできついところでしたが、練習するにつれてきれいにクリアできるようになりました。そういう設計になっているあたりはスクエニの開発者にちょっと感心してしまいます。

3回目の天地のとき、ゴースト巻き込みのLB3を撃ってゴーストを倒すと同時にフェーズ移行です。当初詩人さんにLB3を撃ってもらっていましたが、キャスターLB3のほうがダメージが大きいことがわかり、途中からはわたしがLB担当となりました。パッチ3.0で追加された召喚士用のLB3を何度も撃つことができてよかったです。

▼テラフレアいくよー!
画像


さていよいよP4。ネールさんの攻撃パターンはノーマル侵攻4層とほぼ同じですが、違う点もいくつか、というかいろいろあります。

カータライズ誘導は、周囲の龍の位置がランダムで、ノーマルのように3パターン固定ではありません。今回、詩人さんが龍の発生位置と、誘導場所を調べてくれて、フィールドマーカーも置いてくださったので、わたしは誘導場所とか結局わからないまま、ただマーカーの場所に誘導、という感じでした。完全に他力本願です。頼っちゃってごめんなさい。

▼1回目A→2回目Bのマーカーに誘導
画像


カータライズのあと、なんとメガフレアを毎回撃ってきます。ヒラさんの負担は増えてしまうのかもしれませんが、実は絶好のボコリタイムだったりします。

▼メガフレア詠唱中。けずれーけずれー
画像


ダイナモのときにサンダー付いた人はテロしないようにしないと、という点はノーマルと同じですが、零式はサンダーが2人同時、MTさんには凶鳥が付くので、ネールさんの後ろにMTさん、両側にサンダー2人、残りの人は前というように分かれてダイナモを受けます。

▼珍しくきれいにテロ無しでかわせたダイナモ
画像


偶数回めのループのカータライズ前にはノヴァを投げてきます。うっかり真ん中あたりにノヴァを置いてしまうとカータ誘導後逃げる場所がなくなってしまうので、端っこを通ってマーカーへ。

▼またカータきた
画像


偶数回めのカータのときにダイナモが来るのはノーマルと同じ。が、このダイナモの前は離れていることが多く、練習のときはここのダイナモ集合に間に合わず崩れることがよくありました。今回も2人死んでしまい、わたし自身も死にませんでしたがダメージを受けてしまいました。このおかげでダイナモ前に残りHP3%まで削れていたのが7%まで回復してしまいました。

▼意外と鬼門だったカータ後のダイナモ
画像


しかし、今回はうまく立ち直すことができました。残りHPはまた3%ほど。このあとメガフレアでしたが、リューサンのLB2でトドメです!

▼いけー!トドメの一撃
画像


こうしてようやくクリア。ここに書いてないところでも、アイスの頻度が増えているようで、ほとんどのファイアを受けないとアイス2個で死んでしまったり、途中で何度も隕石落ちてきたりと、ノーマル侵攻とはいろいろと違うギミックがありました。

そして何と言っても良かったのが、上のSSではPTリストにモザイクしていのでちょっとわかりにくいですが、クリア時に全員生きていて床ペロしていた人がいなかったこと。床ペロクリアだと出荷のイメージもあり、やっぱり立って勝ちたいですもんね。

▼アチブも獲得
画像


▼やったー!!
画像


▼例によって宝箱の前で記念撮影です
画像


侵攻零式3層をクリアしたのが6月中旬だったと思いますので、ちょうど1ヶ月で4層もクリアできました。途中イシュガルドで追加されたクエストやレベル上げ、そしてアレキサンダーなどもやっていましたので、それがなかったらもうちょっと早かったかもしれないですし、逆に1ヶ月でクリアできたのはイシュガルド前にはなかった武器や装備(それらも制限かかっているはずではありますが)のおかげだったのかもしれません。

いずれにしてもいったんは途中でクリアできないまま解散となるところが、最後までクリアできて本当によかったです。一緒にPTでがんばってきたみなさんには本当に感謝です。ありがとうございました!そして、とても楽しかったです!

▼称号「the Conqueror」が使えるようになりました
画像


the Conquerorだとちょっと何をした人がわかりにくいですが、しばらくこれを付けておこうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック