ゲーム用デスクトップ機にWindows10導入

MSI GS70に引き続き、ゲーム用にメインで使っているデスクトップ機にもWindows10を導入しました。

このマシンは、以前新生FF14開始時にグラボ、そしてCPUを交換したPCです。そのときの記事は、こちらの「<新生FF14へ向けて>メインPCのグラボ交換」の記事と、こちらの「<新生FF14へ向けて>結局マザボとCPUも交換した件」の記事になります。

その後、記事にはしていませんがこのマシンはSSDを480GBのものに換装しており、同時にOSもWindows7からWindows8.1Proに変えています。したがい、このマシンに関してはWin8.1からWin10へのアップグレードになります。

例によって(?)、Windows10アップグレードアシスタントによる更新を試してみます。

GS70でエラーとなった互換性チェックですが、今回はエラーもなくカウントダウンがあり次へ進みます。
画像


そして更新ファイルのダウンロード→検証→インストールに進みます。
画像

画像


GS70でDVDからインストールしたときは、上の「インストールしています」のときにはもうPCは使えない状態でしたが、アップグレードアシスタントを使うと、最小化して好きなことに使ってていいみたいです。まあ、どうでもいいことですが、この「インストールしています」で30~40分程度かかっていたので、人によっては意味があるかもしれません。

これが終わると、準備完了ということで下のような画面が出ました。カウントダウンは30分もあるので、今すぐ再起動!
画像


そこからはファイルのコピー、ドライバインストール、設定があり、Windows10の画面が立ち上がります。
画像

画像


ちゃんとProで認証されています。
画像


アプリの動作確認ですが、GS70である程度わかっていましたので特に不安もなく確認できました。

GS70ではHidKeySequenceというキー割付ソフトの設定がおかしくなってましたが、こちらは全然問題ありませんでした。やはりWindows10の影響ではなく、違うUSBポートに挿してしまった等が原因だったと思います。

あと、nVIDIAのドライバですが、やはりこちらも1回目は失敗でした。後日やれば大丈夫だろうと思い心配はしていませんでしたが、再起動して試したらあっさり成功しました。バグなんですかね?
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック